婦人

綺麗な髪を保ちたいなら湯シャンを試してみよう

良い商品を購入するために

ベッド

高反発マットレスは寝ている間、体を上手く支えてくれるので理想的な体勢を維持できます。そのため肩こりや腰痛に効果があります。また一言で高反発マットレスと言っても様々なものがあるので、自分に適したものを選ぶようにしましょう。

View Detail

自分に合った枕で寝ること

眠る人

良質な睡眠を求めて、理想の枕にたどり着く人が増えてきます。睡眠は、ただ眠るだけではなく、質も大切になってきます。疲れを蓄積させない為にも、寝具を見直することで、良質な睡眠を手にすることができるようになります。

View Detail

いつまでも若々しく

背中

女性ホルモンを増やすことで、アンチエイジングや美しさなど外見上だけではなく体の調子も整います。女性ホルモンを増やすためには食生活や睡眠などに注意するだけではなく、心のときめきも大切です。心の若々しさが女性ホルモンを増やすことにつながります。

View Detail

肌を守りながら皮脂を除去

洗髪

40度強のお湯で

人間の肌からは、皮脂が分泌されています。特に頭皮は、髪があるため温かく、その分多くの皮脂が分泌されます。放置しておくと、髪のべたつきや不快な匂いの原因となるので、皮脂はシャンプーでこまめに除去することが大事です。シャンプーには、皮脂を分解して除去する洗浄成分が配合されているのです。しかし洗浄成分を頻繁に肌につけていると、肌まで分解され、頭皮や手が荒れてしまうことがあります。これを防ぐために昨今では、多くの人が皮脂を湯シャンで除去するようになっています。湯シャンとは、40度強のやや熱いお湯を使った洗髪です。皮脂は、40度以上に温められると、固形を維持できなくなり、溶けて流れていきます。つまり湯シャンをすれば、肌を守りながら皮脂を除去できるということです。

シャンプーの使用も大事

油っぽいものを多く食べていたり、洗髪の回数が少なかったりする場合、頭皮の皮脂は、やや厚みのある状態になります。厚みがある分、湯シャンのお湯の熱が伝わりにくいので、この場合は湯シャンでは全ての皮脂を除去することが困難です。そのため湯シャン後にも皮脂が残っている場合には、シャンプーを使って洗いなおすことが必要となります。また、体質的に皮脂が分泌されやすい人の場合、1週間に1回ほどはシャンプーを使うことが大事です。そうすることで、皮脂が頭皮に過剰にたまることがなくなっていくのです。また、そのくらいのペースでの使用なら、頭皮や手が荒れるリスクは低いと言えます。もちろん、洗浄成分を残さないように、しっかりとすすぐことが肝心です。